カシモWiMAXとBroad WiMAXの徹底比較【どちらをえらぶべき?】

カシモWiMAXとBroad WiMAXは、いずれもキャッシュバックを行っておらず、月額料金の安さが特徴的なプロバイダです。ここではその料金をはじめ、他のサービス内容も比較して、どちらをえらぶべきか解説しています。

スポンサーリンク
google_adsense_336_280

カシモWiMAXとは?

カシモWIMAXは2017年10月にサービス開始した比較的新しいWiMAXプロバイダ。キャッシュバックなどのキャンペーンはありませんが、月額料金の安さが特徴的です。またくわしくは後述しますが、新古品端末を利用することが話題にされています。

Broad WiMAXとは

数あるWiMAXプロバイダの中でも、Broad WiMAXは月額業界最安級で人気を博しています。また他社プロバイダからの移行時に発生する違約金(解約金)を負担するなど、独自のサービスも魅力的で充実しています。月額料金が安いカシモWiMAXは、同じスタンスのBroad WiMAXにとっては強力な競合相手です。

カシモWiMAXとBroad WiMAX徹底比較表

カシモWiMAXとBroad WiMAXの概要を表にして比較してみましょう。

カシモWiMAX BroadWiMAX
初期費用 事務手数料:3,000円

端末代:0円

合計:3,000円

事務手数料:3,000円

端末代:0円

合計:3,000円

月額費用

(ギガ放題)

1~2ヵ月目:1,380円

3~24ヵ月目:3,380円

25ヵ月目以降:4,079円

1~2ヵ月目:2,726円

3~24ヵ月目:3,411円

25ヵ月目以降:4,011円

2年間総額 80,120円 83,494円
えらべる機種 W05,L01,Triprouter(U01) W05,WX04,L01s
使えるまでの期間 最短申込当日 最短申込当日
備考 新古品端末をユーザーに提供 他社WiMAXプロバイダの違約金負担、満足保証、最短申込当日の端末受取

※2017年3月時点の情報をまとめています。

カシモWiMAXの方が月額費用や2年間総額は安いが…

ご覧の通り、若干ではありますがカシモWiMAXの方が月額料金や2年総額が安いです。契約1~2ヵ月目にカシモWiMAXが月額1,380円と破格な料金となっているのが大きいです。一方、25ヵ月目以降の月額料金は数十円程度の差ですが、Broad WiMAXの方が安くなっています。

いずれにしろ、それほど大きな差ではないので、これがプロバイダ選択の決め手になるとは思えません。他の点も考慮してえらぶのがよいでしょう。

Broad WiMAXの方がえらべる端末の種類が新しい!

Broad WiMAXは最新機種への対応が早く、えらべる端末のラインナップが充実しているのは以前から言える特徴。最新のW05・WX04・L01sに対応しています。一方のカシモWiMAXが対応しているのはW05・L01。W05は2018年1月にリリースされた機種ですが、カシモWiMAXが対応したのは2月の終わり。対応が遅れています。また2018年3月時点で、最新のホームルーター「L01s」には対応していません。あとは最大通信速度が他機種の半分以下のTriprouterです。

ちなみにW05やL01sなどの比較は以下記事で行っています。そこでも書いている通り、Broad WiMAX・カシモWiMAXそれぞれに対応した機種の性能差はそれほどありません。

W05とW04・WX04 - WiMAX端末徹底比較【結局どれをえらぶべき?】
最新機種W05を競合となるW04・WX04と比較した際のメリット・デメリットを紹介。あわせてどれがもっともおすすめか、どのようにえらぶとよいかのおすすめの判断基準について解説します。
L01sとL01(WiMAX端末)の徹底比較!違いはほとんどない…
WiMAXの最新ホームルーター「L01s」と「L01」を徹底比較。小文字の"s"がついただけの新しい機種でどこがかわったか解説。あわせてL01sを利用できる最も安価なプロバイダの紹介もしています。

そのため契約条件やキャンペーンなど、他の条件がプロバイダ選択をしてもよいでしょう。もし他に決め手がないないなら、新しい機種がえらべるプロバイダの方がおすすめです。


カシモWiMAXも今後新機種に対応していく可能性もあります。

カシモWiMAXが新古品端末を扱うのは大きなデメリットではない

カシモWiMAXについての評判で、よく言われるのが新古品端末を扱っていること。カシモWiMAXでの新古品端末とは、ユーザーが1度でも使用した中古品ではありません。たとえば未開封のまま返送された機器がこれにあたり、新品とは言えないことから「新古品端末」と呼んでいます。カシモWiMAXは新古品端末を扱うことで、この月額料金の安さを実現できているようですね。

新古品端末は未使用で新品と変わらないので、カシモWiMAXをえらぶ大きなデメリットとはいえません。(わたしなら、ユーザーに利益のある企業努力として評価します)そのため「どうしても新品でないと嫌だ!」とこだわりのある方以外は、特に気にする必要はないでしょう。これをもってカシモWiMAXをえらぶべきでない、とはいえません。

カシモWiMAXはサポートに対する評判が不安…

カシモWiMAXは、サポートの電話がつながらないという評判をときどきみかけます。2017年10月に開始されたばかりのサービスで、注目を集めている分、問い合わせが殺到してしまっていることも考えられます。そのため特に初心者の方などには、カシモWiMAXを強くおすすめしにくいのは否めません。

Broad WiMAXは違約金負担や満足保証など独自のサービスが魅力的

この点に魅力を感じるユーザーは多いと思われます。Broad WiMAXは、カシモWiMAXより実績も人気も高いサービスだけあって、価格以外にもメリットが多いサービスです。

まず他社WiMAXプロバイダからの移行の際に、他社プロバイダ解約で生じる違約金(解約金)を最大19,000円までキャッシュバックで負担してくれること。WiMAXのプロバイダ移行を検討しているユーザーは必見です。

もう1つは、サービスに満足できなくなったら、サービス後いつでもBroad WiMAXが指定する光回線やLTE通信などの他サービスへ違約金(解約金)なしで移行できる「ご満足保証」。たとえば引っ越しなどで、新しい生活圏がWiMAXの提供エリア外だったりした場合でも、このサービスがあれば、違約金(解約金)なしで他サービスへ移行できます。

カシモWiMAXは2年契約がえらべる?

WiMAXには2年契約の他、3年契約があります。3年契約では、LTEに対応した通信が月間7GBまで行えるハイスピードプラスエリアモードの料金が無料になります。(2年契約では1,005円/月)

3年契約にもメリットがないわけではないのですが、「2年間で解約してまた新しいプロバイダへ移行したい」というフットワークの軽い方には、2年契約が好まれています。そしてカシモWiMAXは、2018年1月時点でその2年契約をえらぶことが可能です。一方のBroad WiMAXは同じ時点で、2年契約がえらべません。これは今後変わる可能性もあるので、最新の情報は以下公式サイトでご確認いただきたいですが、プロバイダ選択の決め手になる方もいらっしゃるでしょう。

カシモWiMAXとBroad WiMAX 結局どっちをえらぶべき?

カシモWiMAX・Broad WiMAXともに魅力的なWiMAXプロバイダ。そのため全ての人に対して「こちらをえらぶべき」といえるほどの決め手はありません。当サイトでは、基本的には新しい機種がえらべる上に、プロバイダとしての実績値が高くサポートなどの安心感が比較的高いBroad WiMAXをおすすめします。しかしユーザーの趣向によって、以下にあげるような選び方をするとよいでしょう。



●2年契約をえらびたい
2018年1月時点で2年契約がえらべるのはカシモWiMAXです。

●とにかく安く利用したい
若干ですが月額料金と2年総額が安く、2年契約もえらべるカシモWiMAXがおすすめです。

●他社WiMAXプロバイダからの移行
他社で違約金(解約金)が発生するなら、それを負担してくれるサービスがあるBroad WiMAXがおすすめです。



まとめ

Broad WiMAXとカシモWiMAXを比較した場合、カシモWiMAXの方が月額料金は若干安いものの、新しい機種がえらべてプロバイダとしての実績も高いBroad WiMAXをおすすめします。ただしカシモWiMAXであれば2年契約が可能なので、2年契約が希望ならカシモWiMAXをえらぶとよいでしょう。また「機種が古くても、とにかく安い方がよい!」という場合もカシモWiMAXをえらぶとよいです。