ポケットWi-Fiと自宅の無線LAN(Wi-Fi)の違いは単体でのネット接続可否

自宅の無線LAN(Wi-Fi)とポケットWi-Fiは、いずれも無線LANでインターネット接続するものなので、違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、これら2つの違いをわかりやすく解説します。また、この記事を読めば「ポケットWi-Fiとは何か」がわかります。

スポンサーリンク
google_adsense_336_280

自宅の無線LAN(Wi-Fi)は「それだけでは」ネット接続できない

自宅で無線LAN(Wi-Fi)をするために設置してある機器の役割は、あくまで自宅など限られた範囲の中でネットワークを構築したり、そのネットワークと別のネットワークをつなげたりすることです。ご自宅にある無線LAN(Wi-Fi)用の機器だけでは、インターネット接続することはできません。

光回線やCATV回線を自宅に敷設している場合、無線LAN(Wi-Fi)の機器以外に、モデムやONUという機器があることがほとんどの筈です。もしくは、サービスの提供元からモデムやONUの機能を内蔵した無線LAN(Wi-Fi)機器を提供されることも多いですが、いずれにしろ、モデム・ONUと無線LAN(Wi-Fi)の役割は別々です。

簡単に言うと、ONU・モデムとは、光回線・CATV回線などを使ってインターネット接続する際に必要となる機器です。光回線・CATV回線で送受信される信号と、無線LAN(Wi-Fi)でやり取りする際に必要となる電気信号を相互変換するのがONU・モデムの役割。ONU・モデムは信号を変換する「通訳」のような役割を担っているのです。

ONU・モデムと無線LAN(Wi-Fi)機器をつなげることで、はじめて無線LAN(Wi-Fi)によるインターネット接続ができるようになります。

そもそも無線LAN(Wi-Fi)とは?

繰り返すように、無線LAN(Wi-Fi)の役割は、自宅のような限られた範囲でネットワークを構築したり、そのネットワークを別のネットワークへつなげたりすること。これをLANケーブルを使って行えば「有線LAN」となりますが、無線で行っているので無線LAN(Wi-Fi)と呼びます。

もっと簡単に言うと、たとえば無線LAN(Wi-Fi)はパソコンやタブレット、スマートフォンなどの機器を1つのネットワークに束ねて、光回線・CATV回線によるネットワークへつなげているわけです。1つのネットワークにつなげられたパソコン・タブレット・スマートフォンなどは、データ共有など互いに通信することもできます。

無線LANとWi-Fiは違うもの?

一般的には無線LANとWi-Fiは同じものと考えられていますし、これまで無線LAN(Wi-Fi)と並べて表記してきましたが、実はそれぞれ別の意味をもっています。

一言でいうと、Wi-Fiは数ある無線LAN技術のうちの1つのブランド名。ずっと以前は、いくつもの別々の技術で無線LANを実現する機器が販売されていましたが、それだと同じ無線LANでも異なる技術の機器同士は接続できず混乱をきたしていました。

そこで、無線LANの共通規格としてのWi-Fiがつくられたのです。Wi-Fiのマークがついた機器同士であれば、相互接続が可能で便利です。今では無線LANで接続するといえばWi-Fi機器を使うのが一般的なので、無線LAN=Wi-Fiと考えてもほぼ間違いありません。

単体でネット接続ができるポケットWi-Fi

無線LAN(Wi-Fi)の機器はそれだけではネット接続ができず、光回線やCATV回線の信号と電気信号を相互変換する通訳のようなモデムやONUが必要と書きました。一方のポケットWi-Fiとは、モデム・ONUの機能を内蔵し、なおかつ外に持ち運びしやすいように小型化・軽量化した無線LAN(Wi-Fi)機器です。ポケットWi-Fiは自宅の無線LAN(Wi-Fi)機器と違い、AC電源でなく搭載するバッテリーによって動作します。

無線LAN(Wi-Fi)機器の中にはモデムやONUの機能を内蔵したものがある、と書きましたが、ポケットWi-Fiはそれに近い機器と言えます。ポケットWi-Fiでは、光回線・CATV回線の代わりに、無線のLTE回線やWiMAX回線を使いインターネット接続を実現しています。

ポケットWi-Fiでは、あのコンパクトな本体の中に、無線LAN(Wi-Fi)とモデム・ONU、して動作に必要なバッテリー全てが組み込まれているわけです。外出先でWi-Fiによるインターネット接続をするのに役立つ高性能な機器、それがポケットWi-Fiです。

ポケットWi-Fiにはいろいろな呼び名がある

ポケットWi-Fiは、モバイルWi-Fiルーター、モバイルWi-Fiなどと呼ばれる機器・サービスと基本的には同じものです。

もう少しくわしく書くと、モバイルWi-FiやモバイルWi-Fiルーターがより一般的な呼び名であり、ポケットWi-FiとはCMでも知られる「ヤフーモバイル」が出したモバイルWi-Fiルーターサービスのことです。

ただし、今はポケットWi-FiもモバイルWi-Fiも同じような言葉として使われています。そのためヤフーモバイル以外のモバイルWi-FiルーターをポケットWi-Fiと呼んでも間違いではありません。

おすすめのポケットWi-Fiは?

以下、代表的なポケットWi-Fiサービスを比較してみましょう。

WiMAX ヤフーモバイル

ポケットWi-Fi

格安SIM
扱っているプロバイダ数 20以上 1社(ヤフーモバイル)のみ 数十社
通信速度
月間データ通信量 7GB or 無制限 7GB or 無制限 数GB~
月額費用 月間無制限のプランは約3,400円~4,400円 月間無制限のプランは約4,400円 数百円~数千円
機器代金 多くのプロバイダで無料 数万円 数万円

この中で当サイトでは、月間データ通信量無制限で高速なインターネット接続が行なえる上に、比較的安価に利用できるWiMAXをおすすめしています。

自宅のインターネットと同じく、速度制限を気にせず快適に使うためには月間データ通信量に制限がないサービスをえらぶのがおすすめ。そして月間データ通信量無制限のサービスの中でも、機器代金が無料となる上に、月額費用が安いのはWiMAXです。WiMAXが安くできる理由は、20以上のプロバイダによって価格競争が行なわれているからです。

さらにWiMAXはどのプロバイダをえらんでも通信品質・通信速度に差がないため、よりお得に使えるプロバイダの方が人気は高いのも理由。そして当サイトでは、数あるWiMAXプロバイダの中でも、平均3万円という高額なキャッュバックがもらえるGMOとくとくBBをおすすめしています。2年・3年という長い目で見ると、最もお得にWiMAXを使えるのがGMOとくとくBBなのです。

公式サイト=>
GMOとくとくBB

まとめ

自宅の無線LAN(Wi-Fi)はそれだけではインターネット接続できません。別途ONUやモデムが必要です。たいしてポケットWi-Fiは、機器の内部にONUやモデムの機能も搭載しており、それだけでインターネット接続が可能です。

ポケットWi-Fiにもさまざまなサービスがありますが、当サイトでは、中でも月間データ通信量無制限で高速なモバイル通信が行なえて、しかも安価に利用できるWiMAXをおすすめしています。