モバイルルーター価格0円でWiMAXがサービス提供できる理由

数あるモバイルルーターサービスの中でも、WiMAX2+ではモバイルルーター代が無料。他サービスでは通常数万円かかることから、WiMAX2+は際立ってお得といえます。

ここでは、モバイルルーターサービスとは何か振り返った上で、WiMAX2+がモバイルルーターを無料で提供できる理由を解説。さらに、他モバイルルーターサービスと月額料金も比較します。

スポンサーリンク
google_adsense_336_280

モバイルルーターサービスとは?

まずルーターとは、パソコンやタブレット、スマートフォンなど複数台の機器をインターネットに接続するための機器です。そしてモバイルルーターとは、バッテリーを搭載し外出用に携帯できるコンパクトなサイズのルーターのことをさします。

Wi-Fiによる無線接続機能をもつ機種がほとんどなのでモバイルWi-Fiルーターと呼んだり、その小さなサイズからポケットWi-Fiと呼んだりすることもあります。

これをふまえモバイルルーターサービスとは、モバイルルーターを使ってインターネット接続することを可能としたデータプランのことです。

大手携帯キャリアや格安SIMが提供するデータプランサービスに似ていますが、スマートフォンに挿入するSIMと呼ばれる小さなカードをモバイルルーターに使うことで、モバイルルーター経由で複数の機器が接続できるようになります。

モバイルルーターサービスの種類

主なモバイルルーターサービスとしては、以下があげられます。

●大手携帯キャリアのモバイルルーターサービス
ソフトバンク・ドコモでは、スマートフォン用のデータプランだけでなく、モバイルルーター用のサービスも提供しています。スマートフォンとデータ通信量をシェアするタイプと、モバイルルーター専用のタイプの2種類があります。

●格安SIM
月額料金が安価に使えるサービスです。さまざまなプロバイダにより提供されており、月間2~3GB程度なら月額1,000円程度で利用できます。

●ヤフーモバイル
ソフトバンク系のヤフーモバイルが提供するモバイルルーターサービスです。ヤフーモバイルはスマートフォン用のデータプラン契約がメインですが、ポケットWi-Fiという名称でモバイルルーターサービスも提供しています。月間データ通信量無制限で利用できるプランがあります。

●WiMAX2+
KDDI系のUQコミュニケーションズが運営するWiMAX回線を使ったモバイルルーターサービスです。ヤフーモバイルと同様に月間データ通信量無制限で利用できるプラン(ギガ放題プラン)があります。

モバイルルーター導入の壁になるのは高額な端末代

モバイルルーターのサービスを使い始めるにあたり、ユーザーにとって大きな壁となるのは高額なモバイルルーター端末の代金です。スマートフォン端末と同程度、機種によってはそれ以上の高価格な端末もあり。

たとえば格安SIMでよく利用されるAtermシリーズのWi-Fiルーターは約2万円超、ワイモバイルの603HWは6万円超とさらに高額です。いずれも分割払いも可能ですが、それにしても合計でこれだけの金額がかかることを考えると、おいそれと契約できませんよね。

そんな中、WiMAX2+用のモバイルWi-Fiルーターに関しては、本来約2万円の商品がキャンペーンなどで無料となることがほとんどなのは目立っています。

結果的に、WiMAX2+を契約する際にかかる必要は、たいていのプロバイダで事務手数料3,000円のみ。ちなみに事務手数料は、WiMAX2+に限らずほとんどのインターネットサービスを契約する際に必要となります。

WiMAX2+でモバイルルーターが0円提供できるのはナゼ?

さて、そうなると気になるのはなぜWiMAX2+では、2万円の製品が無料で提供できるのか、ですよね。その理由は、WiMAX2+は2年間契約が条件となっており、契約更新月以外に解約すると以下の契約解除料(違約金)が発生する仕組みになっているからです。

WiMAX契約解除料(違約金)

WiMAX契約解除料(違約金)

この表を見てわかるように、契約してから1年(13ヵ月目)に解約すると、モバイルルーター代とほぼ同額の19,000円を契約解除料として支払う必要があるわけですね。

ちなみにたとえばヤフーモバイルのポケットWi-Fiなら契約期間は3年間と長い代わりに、契約更新月以外の解約で発生する契約解除料は9,500円。格安SIMでは、データSIM専用プランならほとんどのプロバイダで契約解除料は0円です。

そのため、いくらモバイルルーター代が無料でもWiMAX2+は短期で利用するのはむきません。ただ、モバイル通信のサービスを契約するときは、たいてい長期での契約を前提にしますよね。

契約更新月まで待てば、その契約解除料も0円に。WiMAX2+がお得なサービスであることはかわりません。

WiMAX2+の月額料金は高いの?安いの?

WiMAX2+は月間データ通信量無制限な上にWi-Fiルーター代無料。こうなると次に気になるのは、月額料金でしょうか。WiMAX2+は以下の通り他のモバイルルーターサービスと比較しても、コストパフォーマンスは高いです。

各モバイルルーターサービス月額料金比較

各モバイルルーターサービス月額料金比較

スマートフォンのデータ通信量と併用するシェアプランや、月間3GBといった小容量プランと比較すると、WiMAX2+の価格が高いことは否めませんが、その代わり月間データ通信量は無制限。

さらに、格安SIMの月間20GBのプランやヤフーモバイルの月間無制限のプランと比較してもWiMAX2+は割安です。

今回、例であげたBroad WiMAXはWiMAX2+プロバイダの中でも月額最安級で人気のサービス。当サイトでもおすすめしているサービスであり、わたしが契約しているWiMAX2+サービスでもあります。


WiMAX2+はこんなユーザーにおすすめ

WiMAX2+は、外出先で思いっきり高速なモバイル通信を使いたいユーザーにはおすすめ。月間データ通信量無制限なので、スマートフォンだけでなくタブレットやノートPCなどで高画質な動画を長時間楽しんだりしたい際にも適しています。

またビジネスでモバイル通信を頻繁に利用する際にもWiMAX2+はおすすめ。大容量のファイルをたくさん送受信しても、WiMAX2+であれば大丈夫です。小さな営業所や事務所程度なら、固定回線の代替に利用を検討してもよいでしょう。

まとめ

WiMAXがモバイルルーターを無料で提供できるのは、2年間という契約期間の縛りがある上に、1年(13ヶ月以内)の短期で解約するとWiMAX用のモバイルルーター代とほぼ同額の19,000円という契約解除料が発生するためです。

とはいえ、契約更新月に解約するのであれば契約解除料は0円にできますし、月間データ通信量無制限ということを考えれば、他モバイル通信サービスと比較して月額料金も安いです。

これらのことから、モバイル通信をたっぷり使いたいユーザーには、月間データ通信量無制限でなおかつ安いWiMAX2+はおすすめのサービスです。