Broad WiMAXで違約金分のキャッシュバックをもらう方法は簡単!

他社WiMAXプロバイダからの移行先としてえらぶと、Broad WiMAXは移行元の違約金(解約金)を最大19,000円まで負担してくれます。ここではこの負担の方法と、Broad WiMAXを移行先としてえらぶとよい理由を解説しています。

※詳細はBroad WiMAXの以下公式サイトからも確認してみて下さい。

公式サイト=>BroadWiMAX

スポンサーリンク
google_adsense_336_280

Broad WiMAXの違約金(解約金)負担とは?

「手元の端末を新しい機種と取り替えたい」「もっと月額料金の安いプロバイダと契約したい」など、WiMAXのプロバイダ乗り換えを行いたいと考えるユーザーは多いはずです。しかしながら、移行の際にネックとなるのが解約時に発生する違約金(解約金)。WiMAXは基本的に2年間・3年間の長期契約を前提としており、契約更新月以外に解約をすると以下の違約金(解約金)が発生することになります。

■2年契約の場合

契約から何ヶ月目? 違約金(解約金)
1~13ヵ月目 19,000円
14~25ヵ月目 14,000円
26ヵ月目 0円
27~49ヵ月目 9,500円
50ヵ月目 0円

■3年契約の場合

契約から何ヶ月目? 違約金(解約金)
1~13ヵ月目 19,000円
14~25ヵ月目 14,000円
26~37ヵ月 9,500円
38ヵ月目 0円

※一部プロバイダでは、キャンペーン適用の代わりに別途違約金を
追加する場合もあります。

上記表にもあるように違約金(解約金)は最低でも約1万円にもなりますから、不本意ながら契約更新月まで解約を思いとどまってしまうわけです。新しいプロバイダへ乗り換えれば料金が安くなったり新しい機種が入手できたりしますから、歯がゆいばかりですね…

Broad WiMAXは違約金(解約金)分の料金をキャッシュッバックしてくれる!

Broad WiMAXでは、他社WiMAXプロバイダからの移行の際に生じる違約金(解約金)を、最大19,000円まで負担してくれるキャンペーンを実施しています。移行元に対して違約金(解約金)を支払う必要がありますが、その分と同額の料金を、指定の銀行口座に振り込んでくれるのです!

またWiMAXのプロバイダでキャッシュバックときくと、振込まで1年かかるなど時間がかかってしまうイメージがありますが、その心配も不要。申込後に速やかに手続きをすませれば、翌月末にはキャッシュバックを振り込んでもらえます!

Broad WiMAXで違約金(解約金)分のキャッシュバックをもらう方法

WiMAXのキャッシュバックでは、手続きの方法が分かり辛くユーザーから不満の声がもれることもありますが、Broad WiMAXの違約金(解約金)負担の手続き方法は簡単。以下リンクからBroad WiMAXのオンライン申込後に、専用のコールセンターへ電話して違約金(解約金)負担を希望する旨と振込先の銀行口座の情報を伝えます。

BroadWiMAXお申込はコチラ

その後、他社WiMAXプロバイダの違約金(解約金)の内容がわかる契約書面の複製を、メールに添付して送るだけです。これで、翌月末には指定した銀行口座にキャッシュバックが振り込まれます。

Broad WiMAXを他プロバイダと比較しておすすめする理由

ここではBroad WiMAXを移行先としておすすめする4つの理由を解説します。WiMAXプロバイダの移行先をお探しの方は、この記事を参考にぜひBroad WiMAXをご検討ください。

月額料金が安い!

Broad WiMAXをおすすめする理由として、まずは月額料金の安さがあげられます。WiMAXはどのプロバイダをえらんでも通信品質は変わりませんから、価格がプロバイダえらびの重要なポイントです。

以下、他のプロバイダとBroad WiMAXの月額料金の比較表です。月間データ通信量無制限のギガ放題プランで比較しています。

プロバイダ名 初期費用 月額費用
Broad WiMAX 事務手数料:3,000円

端末代:0円

合計3,000円

1~2ヵ月目:2,726円

3~24ヵ月目:3,411円

25ヵ月目~:4,011円

@nifty WiMAX 事務手数料:3,000円

端末代:1円

合計3,001円

1ヵ月目:250円

2~3ヵ月目:3,670円

4ヵ月目~:4,350円

UQ WiMAX 事務手数料:3,000円

端末代:2,800円

合計5,800円

1~3ヵ月目:3,696円

4ヵ月目~:4,380円

BIC WiMAX 事務手数料:3,000円

端末代:0円

合計3,000円

1~3ヵ月目:3,696円

4ヵ月目~:4,380円

ご覧の通り、このように比較してもBroad WiMAXのお得さは際立っています。特に契約から2年間は、ここで紹介した他プロバイダと比較しても月額約1,000円近くもお得です。

高額なキャッシュバックを行う他社よりも安い

WiMAXは、長い目で見ると数万円規模の高額なキャッシュバックを行うプロバイダの方がお得になるのは、よく知られています。ただし違約金負担のことまで考慮にいれると、Broad WiMAXの方がお得。

以下、業界最高値のキャッシュバックを行うとくとくBBとBroad WiMAXの2年間総額の比較です。

プロバイダ名 とくとくBB Broad WiMAX
初期費用 事務手数料:3,000円

端末代:0円

合計3,000円

事務手数料:3,000円

端末代:0円

合計3,000円

月額費用 1~2ヵ月目:3,609円

3ヵ月目~:4,263円

1~2ヵ月目:2,726円

3~24ヵ月目:3,411円

25ヵ月目~:4,011円

キャッシュバック額 平均30,000円 0円
他社違約金 14,000円 0円※14,000円のキャッシュバック
2年間総額 88,004円 83,492円
3年間総額 139,160円 131,626円

※違約金を14,000円として算出

本来であれば、2年間や3年間の総額は1万円程度とくとくBBの方が安いのですが、他社プロバイダからの移行で違約金が発生することを考えると、ご覧の通りBroad WiMAXの方がお得に。さらにとくとくBBはキャッシュバックをもらえるのが約1年後ですが、Broad WiMAXは契約後に速やかに手続きをすれば翌月末にはキャッシュバックがもらえるのもメリットといえます。

最新機種への対応が早い!

新しいWi-Fiルーターを入手するのが目的で移行をするのであれば、これは重要ですね。WiMAXでもプロバイダ毎に最新機種へのタイミングが異なりますが、Broad WiMAXは中でも最も早い部類に入ります。Broad WiMAXであれば、希望する機種が入手できる可能性が高いです。

最短でオンライン申込即日で機器配送!

WiMAXのプロバイダ乗り換えで気になるのは、新しい契約がいつから使えるようになるか。プロバイダによっては契約から機器の配送までに1~2週間程度かかることもあります。プロバイダを乗り換える際には、新しい契約が使えるようにならないと古い方の契約が解約しにくいですね。場合によっては解約がズレて、1ヵ月分多くの料金を支払う結果になることも稀ではありません。

その点Broad WiMAXでは、最短でオンライン申込当日に機器配送をしてくれます。機器が届けばすぐに使えるようになるので、古い方の契約を解約しやすいです。プロバイダの乗り換えの際には、このスピーディーさは助かります。

独自の「ご満足保証」がある

Broad WiMAXでは独自の「ご満足保証」を展開。たとえば引っ越しなどにより新しい生活圏でWiMAXの電波が届かなかったり、またWiMAXのサービスに満足ができなかったりした際に、Broad WiMAXが指定する他サービスへ違約金(解約金)なしで移行できます! 移行先には光回線やLTE通信など一般的な通信サービスがえらべるので、困ることはないでしょう。こういった保証プランがあると安心して契約できますね。

BroadWiMAXお申込はコチラ

まとめ

Broad WiMAXで他社プロバイダの違約金(解約金)をキャッシュバックしてもらう場合の手続きは簡単。オンライン申込後に、電話で違約金(解約金)負担を申し込み、あとは違約金(解約金)の詳細がわかる書面の複製をメールで送るだけ。Broad WiMAXなら月額料金が安い上に、違約金がかからないことを考えると、高額なキャッシュバックを行う他社よりお得です。