WiMAXのプロバイダは何で比較すればよい?【2019年4月の最新情報から全ポイントを徹底解説】

WiMAXを扱うプロバイダは20以上あり、何を基準にえらべばよいかわからない方も多いのではないでしょうか。ここでは2019年3月の最新情報をもとに、プロバイダ比較をする際に気を付けるとよいポイントをまとめて紹介しています。

具体的にどのプロバイダがオススメかは以下記事をあわせて参考にしてください。

WiMAX2+プロバイダ最新比較ランキング【2019年4月度】
最新情報をもとにWiMAX2+のプロバイダを当サイト独自の視点で比較し、えらびやすいようランキング化しています。さらに比較すべきポイントを示しつつ、プロバイダ毎のランキングの理由もくわしく解説します。

スポンサーリンク
google_adsense_336_280

WiMAXのプロバイダ毎に通信品質は変わらない

モバイル通信のサービスをえらぶにあたって気になるのは、「通信は安定しているか」や「期待するほどの通信速度がでるか」ではないでしょうか。通信が不安定だったり期待する通信速度からほど遠かったりしたら、使っていてストレスになるだけです。

その点、LTE回線を使う格安SIMでは、「どのプロバイダ(MVNO)を使った際にどのくらいの通信速度か」比較する記事を多く見かけますね。たいしてWiMAXでは、それに類する記事を見かけないはずです。

その理由は簡単。WiMAXではどのプロバイダも同じ回通信線・設備を使ってサービス提供しており、プロバイダ毎に差がないからです。えらぶ方からすると、どのプロバイダをえらんでも失敗はないので安心とは言えます。しかし裏を返していえば、何を基準にえらべばいいかわかり辛くなるとはいえますね。

以下、それではどんなポイントでWiMAXのプロバイダを比較すべきかポイント毎に紹介していきましょう。

プロバイダは価格で比較すべし!

WiMAXのプロバイダ毎に、最も大きな差が生じるポイントといえば価格です。どのプロバイダをえらぶかで、2年or3年間でかかる総額が3万円以上もかわることがあります。通信品質が同じなら、できるだけ安く使えるサービスをえらびたいものですね。

ここで「2年or3年間の総額」というポイントについてふれましたが、これはWiMAXプロバイダを比較する際に重要となるので覚えておきましょう。

WiMAXの価格といっても、月額料金だけでは比較できません。なぜならプロバイダによっては、2~3万円程度の高額なキャッシュバックを行うためです。月額料金が高めでも、高額なキャッシュバックをもらうことで、一定期間にかかるWiMAXの費用の総額は他社よりも安いということもあります。そのため「2or3年間総額」で比較するわけです。

そして2年という期間にも意味があります。WiMAXの契約期間は基本的に2or3年間。そして契約期間の終了を意味する更新月以外に解約すると、9,500円~19,000円の違約金が発生することになります。

慣れたユーザーは、2or3年後の契約更新月のタイミングで現在のWiMAXの契約を解約し、新しく契約し直すことでキャッシュバックをもらい直したり、新しいWiMAX用のWi-Fiルーターを入手したりします。そのため「2or3年間での総額」が大事になるわけです。プロバイダによっては、契約2年後のタイミングで月額料金がアップします。

キャッシュバックで実際にどのくらいお得?【3年間総額の比較】

キャッシュバックにより2年間総額でどのくらい安くなるかみるために、ここで3年間の総額を比較していきましょう。以下、主要なWiMAXプロバイダの2年間総額比較表です。
※キャッシュバック額はえらぶ端末などで変わることがあるので、
「平均」で示しています。

順位 プロバイダ名 月額料金 キャッシュバック額 3年間総額
1 とくとくBB 1-2ヵ月目:3,609円

3ヵ月目-:4,263円

平均30,000円
※3万円超の場合も多い
125,804円
2 BIGLOBE WiMAX 1-2ヵ月目:3,695円

3ヵ月目-:4,380円

30,000円 129,310円
3 Broad WiMAX 1-2ヵ月目:2,726円

3-24ヵ月目:3,411円

25ヵ月目-:4,011円

131,626円
4 So-net モバイルWiMAX2+ 3,620円 133,320円
5 UQ WiMAX 1-2ヵ月目:3,696円

3ヵ月目-:4,380円

161,428円

いかがですか? たとえばとくとくBBは業界最高値のキャッシュバックを行うプロバイダとして知られますが、キャッシュバックを行わないプロバイダと比較すると、3年間総額が最大で3.5万円程度も違います。とくとくBBは、当サイトでもおすすめしているプロバイダです。

キャッシュバックにも注意点があり

WiMAXのキャッシュバックは大変お得なので、活用すべきというのは間違いありません。ただし一方で注意点もあります。1つはキャッシュバックがもらえるまでに、申込してから約1年かかることです。キャッシュバックは契約してすぐにもらえるわけではありません。

2つ目の注意点は、キャッシュバックをもらうための専用の手続きがあること。手続きといってもそれほど手間がかかるものではありません。契約してから約1年後に届くメールに従い、キャッシュバック振込先の口座をオンラインで登録するだけです。

ただし仮に失敗するとキャッシュバックの権利がなくなってしまいます。実際、申込から時間がたっているなどの理由でこのメールに気づかず肩を落とすユーザーの口コミを見かけます。

WiMAX2+ のキャッシュバックキャンペーンは注意が必要? とくとくBBなどしっかり対策すれば大丈夫!
とくとくBBなどが行っているWiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンは、受け取りに失敗するユーザーが多くいます。ただし注意点をあらかじめ把握しておけば、手続きに失敗することはありません。

そのため、もっと早く手軽に節約したい場合は、単純に月額料金が安いプロバイダをえらぶのもよいでしょう。当サイトでは、月額最安級のWiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」をおすすめしています。とくとくBBと比較すると3年間総額で約6,000円の差がありますが、1年後の手続きに気をもむ必要がありません。それにBroad WiMAXも、他のプロバイダと比較して2年間総額で最大3万円程度も安いです。

えらべるWiMAX機種は?

WiMAXを契約すると、接続に必要なWi-Fiルーターがプロバイダから送られますが、どの機種をえらべるかはプロバイダによって異なります。プロバイダによっては最新機種への対応が遅れたり、自宅での利用に適したホームルーターを扱っていなかったりすることがあるのです。そもそも1~2機種しか扱っていない例も。

Wi-Fiルーターによって最大通信速度に大きな差かでることがあったり、使い勝手がかわったりすることもありますから、どの機種を選択するかも重要。できるだけ選択肢の多いプロバイダをえらぶとよいですね。ちなみに当サイトでおすすめしているとくとくBBやBroad WiMAXは、最新機種への対応が早い上に選べるナインナップも充実しています。

WiMAXがいつから使えるようになるか?

WiMAXは無線の電波を使ったモバイル通信なので、自宅での工事は不要。接続に必要なWi-Fiルーターが手元に届けばすぐに使えます。ただし、Wi-Fiルーターが配送されるまでの期間は、プロバイダ毎に大きく異なります。プロバイダによっては、Wi-Fiルーターの配送までに1週間~10日以上かかることも。

その点、とくとくBBやBroad WiMAXは最短で申込即日での配送に対応。配送にかかる時間は1~2日ですから申込の翌日・翌々日には使えるようになります。プロバイダえらびをする際は、この点も確認するようにしましょう。

サポート品質も重要な比較ポイント

プロバイダによってサポートの品質もまちまち。そもそもメールでしか問い合わせできなかったり、サポートセンターの営業時間が短かったりすることも。仮にコールセンターがあっても、電話のつながりやすさも違いますし、メールでの返答がなかなかないといったプロバイダもあります。

サポート品質の差として最も分かりやすいのはサポートセンターの営業時間の長さ。営業時間が長いプロバイダの方が、サポートに力を入れているといえます。以下、主要プロバイダの営業時間の比較表をみてみましょう。

WiMAX/サポートセンター営業時間/比較表

WiMAX/サポートセンター営業時間/比較表

とくとくBBは年中無休営業で検討していますが、群を抜いているのはCMでも知られるUQコミュニケーションズが運営するUQ WiMAX。サポートセンターが21時までひらいていれば、学校や会社から帰った後にゆっくり問い合わせることもできますね。

またUQ WiMAXはメールで問い合わせ際の返信も早いです。問い合わせてから24時間以内の回答を目指しています。わたしは何度か問い合わせをかけたことがありますが、回答をもらうまでに、確かにそれより長くかかったことは1度もありませんでした。というより数時間以内に返信された回答も多いです。

しかも返答の内容も丁寧。とくとくBBに問い合わせた際も必要なことを簡潔に書いて返答してくれましたが、UQ WiMAXはそれに輪をかけて丁寧で抜け目がありません。初心者の方やビジネスユーザーなどは、サポート品質のよいUQ WiMAXはおすすめです。

便利なオプションの有無でえらぶ方法もあり

使いたいと思うような有料オプションの種類や有無も、プロバイダえらびのポイントです。気になるプロバイダがあれば、どんなオプションを提供しているか調べてみましょう。

たとえば、WiMAX用のWi-Fiルーターが故障した場合、修理や交換に最大で2万円程度かかってしまいますが、この費用を補償してくれる保険のようなオプションを提供しているプロバイダは多いです。

上述のUQ WiMAXでは、端末故障の際に、電話一本でスピーディに交換端末を届けてくれるオプションを380円/月で提供しておりオススメ。モバイル通信が使えないのが特に困るビジネスユーザーは助かるのではないでしょうか。

それからWiMAXのことに限らず、PCや周辺機器、スマートフォンなどの操作を電話・遠隔操作でサポートしてくれるオプションを、UQ WiMAXやBroad WiMAXが提供しています。これらの操作に慣れていない初心者の方はイチオシのオプションです。

当サイトが特におすすめするプロバイダ一覧

・とくとくBB – 業界最高値のキャッシュバックで最もお得!



・Broad WiMAX – 月額最安級で手軽に節約可能!



・UQ WiMAX – サポート品質はWiMAXプロバイダで随一!


まとめ

WiMAXではプロバイダ毎に通信品質に差がないことから、価格やWi-Fiルーター機種、サポート品質などがプラバイダえらびのポイントになります。これらのポイントはプロバイダ毎にさまざまで、大きな差がでることも。あとはどのポイントを重視するか考えて、希望に近いプロバイダをえらんでくださいね。