WiMAX各プロバイダのキャッシュバック額の比較【2019年11月版】

プロバイダごとに通信の品質がかわらないWiMAXでは「どれだけお得に使えるか」が、プロバイダえらびの重要なポイントです。そしてWiMAXでは、加入特典のキャンペーンとして数万円のキャッシュバックを行うプロバイダが複数あります。

ここではWiMAX2+を安価に利用するために、現時点で高額なキャッシュバックを行うプロバイダをまとめて比較します。

あわせてキャッシュバックなしのプロバイダと比較して、キャッシュバックを行うプロバイダが実際にどのくらいお得なのかを「参考編」として掲載。プロバイダえらびの参考にしてください。

スポンサーリンク
google_adsense_336_280

とくとくBB – キャッシュバック額、業界最大の座を今月も死守!

キャッシュバック額 月額料金(税抜) 3年間総額(税込)
34,800円 1~2ヵ月目:3,609円

3ヵ月目以降:4,263円

135,576円




高額なキャッシュバックを行うWiMAX2+プロバイダとして、外せないのがとくとくBBですね。とくとくBBのキャッシュバック額は毎月若干変化しますが、平均して3万を超えています。

またキャッシュバック額はえらぶWi-Fiルーターによっても異なります。2019年4月時点では、モバイルルーター「W05」をえらんだ場合に記載の金額となります。

とくとくBBは3年間総額も最安値

とくとくBBは業界最高値のキャッシュバック額によって、3年間でかかる総額も業界最安値。とくとくBBではえらぶ機種によってキャッシュバック額が異なりますが、どれをえらんだ場合でも他社と比較して安価です。このことから、当サイトではお得にWiMAX2+を使えるイチオシのプロバイダとして紹介しています。

とくとくBB公式サイト

BIGLOBE WiMAX – 1万円のキャッシュバック

キャッシュバック額 月額料金(税抜) 3年間総額
10,000円

※端末代:19,200円

3,980円 165,430円




BIGLOBEも以前からキャッシュバックを実施しているプロバイダです。

ただし2019年10月からはキャッシュバック額が3万円から1万円にさがってしまい、以前ほどのお得感はなくなってしまいました。

とはいえ、古くからある老舗の大手プロバイダで安心して利用できるのが、このプロバイダをえらぶメリットといえるでしょう。

【参考】nifty WiMAX – キャッシュバックは2019年9月で終了

キャッシュバック額 月額料金(税抜) 3年間総額(税込)
23,100円

※キャンペーン終了

※端末代20,000円別途

1ヵ月目:250円
2~3ヵ月目:3,670円
4ヵ月目以降:4,350円
191,554円

安心の老舗プロバイダnifty WiMAXでも、2019年9月までは2万円超の高額キャッシュバックキャンペーンを実施していました。

しかし2019年10月より、キャッシュバックキャンペーンが実施されておらず、なおかつ端末代も2万円かかるようになったため(以前は1円)、以前のようにお得に利用できなくなってしまいました。

【参考】3WiMAX – auスマホ割適用に限り3万円のキャッシュバック(新規販売終了)

キャッシュバック額 月額料金 3年間総額
30,000円 1~2ヵ月目:3,695円

3ヵ月目以降:4,330円

127,610円

※※2018年12月に3WiMAXは新規販売を終了しました。※※

ネームバリューこそありませんが、3WiMAXもauスマホ割適用前提で30,000円という高額キャッシュバックがもらえるキャンペーンを展開しています。とはいえ、キャッシュバック額にしろ、キャッシュバック額を適用した場合の月額料金にしろ、とくとくBBなどにはかないません。ここで名前は上げましたが、とくとくBBやSo-netの方がおすすめです。

【参考】キャッシュバックなしのプロバイダと実際どのくらい差がある?

WiMAXのキャッシュバックキャンペーンが実際どのくらいお得か知るためにも、キャッシュバックなしのプロバイダと3年間総額を比較してみましょう。

以下、月額最安級のBroad WiMAX、およびWiMAXプロバイダ元祖のUQ WiMAXの3年間総額です。

●Broad WiMAX

初期費用(税抜) 月額料金(税抜) キャッシュバック 3年間総額(税込)
事務手数料3,000円

端末代0円

**

合計3,000円

3,411円(1-2ヵ月目は2,726円、25ヵ月目以降は4,011円 なし 144,489円

●UQ WiMAX

初期費用(税抜) 月額料金(税抜) キャッシュバック 3年間総額
事務手数料3,000円

端末代15,000円

**

合計18,000円

4,380円

(最大2ヵ月間は3,696円)

※最新機種を選んだ場合

173,448円

キャッシュバックがあるGMOとくとBBでは、ギガ放題プランの3年間総額が約13.6万円であるのに対し、まずUQ WiMAXは3万円以上も高くなっています。

たいして月額最安級のBroad WiMAXと比較しても、GMOとくとくBBの方が約1万円は安い計算です。これらの点からよりお得に使いたいのであれば、月額料金が安いプロバイダより、高額なキャッシュバックがあるプロバイダがあるプロバイダをえらんだ方がよいのは明らかですね。

【キャッシュバック停止中】So-net – 3万の高額キャッシュバックと月額割引


So-net WiMAXは契約時期によって、キャッシュバックや月額割引のキャンペーンを展開していますが、今月は月額割引のキャンペーンのみ。以下はキャッシュバックキャンペーン展開時の情報です。

キャッシュバック額 月額料金 2年間総額
30,000円 1-2ヵ月目:1,180円

3ヵ月目以降:4,250円

※コース料金含む

68,860円

So-netは、誰もが知る老舗プロバイダ。WiMAXに限らず光回線などのインターネットも取り扱っています。信頼できる安心のプロバイダである上、30,000円という高額なキャッシュバックも実施中で、なおかつ月額料金が他社と比較して安価です。

その上、So-net モバイルWiMAX2+の申込で、以下3オプションが最大12ヵ月間無料で利用可能。これらを活用するのであれば、オプション分のお得額は最大15,000円になるので、他プロバイダと比較してもさらにお得になります。

・カスペルスキー(500円/月)
Windows、Mac、Androidに対応したセキュリティソフトの月額提供サービス。1契約で5台まで利用可能です。

・So-net 安心サポート(300円/月)
パソコンや周辺機器に関する操作を電話や遠隔操作でサポートしてくれるオプション。月額料金以外に、1回の相談につき1,200円の追加料金(毎月1回は無料)が発生します。

・So-netくらしのお守り(450円/月)
カギや水回り、窓ガラスに関する暮らしのトラブルで業者を呼んだ場合、最大5万円まで割引を行うユニークなオプション。くわえてWiMAX2+用のWi-Fiルーターやパソコン・スマートフォンなど、So-netのインターネット回線に接続した機器に損害が生じた際に、最大で5万円の保険金を支払う「機器補償サービス」もこのオプションに含まれます。

まとめ

ここで紹介したように、WiMAX2+の各プロバイダはキャンペーンで多彩なキャッシュバックを行っています。どのWi-Fiルーターをえらぶかによってキャッシュバック額が異なったり、同時にオプション無料といったキャンペーンを展開していたりすることもあるので、そういった点も含めて自分にあったプロバイダをえらぶとよいでしょう。