【2019年4月度版】WiMAX2+の最新おすすめプロバイダ4つはここだ!

最新の情報をもとに20以上あるWiMAX2+のプロバイダを比較。そして中でも厳選しておすすめできるプロバイダを4つ紹介しています。いろいろあって違いがわかり辛いWiMAX2+のプロバイダも、この記事を読めば簡単にえらぶことが可能です。

スポンサーリンク
google_adsense_336_280

最新WiMAX2+のおすすめプロバイダの選び方は?

WiMAX2+のプロバイダえらびを分り辛くしているのは、どこをえらんでも通信品質に差がないこと。全てのプロバイダが、WiMAX2+回線の提供元であるUQ WiMAXの通信回線・設備を使っているためです。そのため格安SIMのように、通信速度などの口コミをもとにして、WiMAX2+のプロバイダをえらぶことはできません。

WiMAX2+のプロバイダ毎に差が出る大きなポイントとしては以下があげられます。

①価格
②サポート品質
③えらべるWi-Fiルーターの機種の豊富さ
④申し込んでから使えるまでの期間が短いこと
⑤そのプロバイダ独自のサービスがあること

ちなみに今回おすすめするプロバイダに関しては、いずれも③と④のポイントに関しては優秀。どのプロバイダもえらべる機種が豊富、自宅専用で利用するホームルーターも最新機種のモバイルWi-Fiルーターも用意しています。

自分の欲しいWi-Fiルーターがえらべない場合、他のプロバイダを検討しなければなりませんから、えらべる機種が多いことは重要なポイントです。

また、申し込んでから使えるまでに10日~2週間かかるプロバイダもある一方で、今回紹介する3プロバイダは、いずれも数日以内でのWi-Fiルーター配送に対応。中には最短申込即日でのWi-Fiルーター配送に対応したプロバイダもあります。

以下おすすめする3プロバイダに関し、他の①価格、②サポート品質、⑤プロバイダ独自のサービスの3点について紹介。このポイントをもとにした選び方を参考にすれば3プロバイダのうち、もっとも希望にあうプロバイダがえらべるでしょう。

【おすすめ第1位】とくとくBB – 平均3万円もの高額なキャッシュバックが魅力




WiMAX2+のプロバイダは通信品質に差が出ないために、価格は需要な比較ポイント。そしてその価格で比較した場合に、もっともおトクに使えるのが、平均3万円(2019年4月度は最大37,100円)という高額キャッシュバックが魅力のとくとくBBです。
※えらぶWi-Fiルーターの種類や申込月によってキャッシュバック額がかわります。

WiMAX2+ではキャッシュバックを行うプロバイダが複数ありますが、とくとくBBのキャッシュバック額はその中でも最高値です!

・3年間総額【2019年4月度版】(ギガ放題プラン)

順位 プロバイダ名 月額料金 キャッシュバック額 3年間総額
1 とくとくBB 1-2ヵ月目:3,609円

3-24ヵ月目:4,263円

37,100円

※W05を選択

118,060円
2 BIGLOBE WiMAX 2+ 1-2ヵ月目:3,695円

3ヵ月目-:4,380円

30,000円 129,310円
3 BroadWiMAX 3,411円(1-2ヵ月目は2,726円、25ヵ月目以降は4,011円 131,626円
4 So-netモバイルWiMAX2+ 3,620円 133,320円
5 UQ WiMAX 1-2ヵ月目:3,696円

3-24ヵ月目:4,380円

10,000円※W05・L01sを選択 151,428円

とくとくBB独自のサービス

とくとくBBでは、申込から20日以内のキャンセルなら違約金なしに解約できるシステムを独自に展開しています。提供エリア内でも、環境によってはWiMAX2+の電波が届かずインターネットに接続できなかったり、思うような通信速度がでなかったりすることがあります。その点、とくとくBBなら申込から20日以内であれば、違約金を支払わずにWiMAX2+を解約可能。これなら安心してWiMAX2+を契約できますね。

なおこのシステムを適用する場合は、申込時の提供エリア判定でWiMAX2+を利用する場所が「○」と判定されることが条件。提供エリアをチェックする際は、必ずピンポイントエリア判定で住所を指定するようにしましょう。
※提供エリア判定も、以下リンク先から行えます。

また申し込んでからWi-Fiルーターが配送されるまでの期間が短いのもとくとくBBの魅力。最短で申込即日でのWi-Fiルーター配送に対応しているため、申し込んで最短で1~2日でWiMAXが使えてしまいます。

とくとくBB公式サイト

【おすすめ第2位】Broad WiMAX – 月額料金が格安で他社違約金負担もあり!




キャッシュバック額が最高値のとくとくBBに対して、Broad WiMAXの魅力は月額料金(ギガ放題:月額3,411円)が安いこと。キャッシュバックはもらえるまでに契約から約1年かかりますが、月額料金が安ければ申し込んですぐからお得。キャッシュバックに関する専用の手続きも必要ありません。

2年間の総額で比較すると、平均3万円のキャッシュバックを行うとくとくBBに劣るため2位としましたが、キャッシュバックをもらうまで契約から1年かかるのが待てなかったり、手続きが面倒ということであれば、こちらがおすすめです。いずれにしろ、Broad WiMAXも手軽に通信費用を節約できるおすすめのプロバイダであることはかわりません。

Broad WiMAX独自のサービス

他社WiMAXプロバイダから移行する際に生じる違約金を最大19,000円まで負担してくれます。そのため仮に14,000円以上の違約金を支払う前提で移行するなら、とくとくBBを抜いて最安になります。

またBroad WiMAXでは、サービスに満足できない場合は、Broad WiMAXが指定する光回線やLTE通信など他サービスへ違約金なしで移行できる独自の「満足保証」も展開しており、こちらも要チェックです。

BroadWiMAX公式サイト

【おすすめ第3位】So-netモバイルWiMAX2+ – 大幅月額割引とお得なオプション




大手老舗プロバイダSo-netが手掛けるWiMAX2+サービスの魅力は、老舗プロバイダの安心感がある上に、大幅月額割引といったキャンペーンを展開していること(キャンペーンは契約時期によってかわります)。さらに、くわしくは後述しますがユーザーに便利な有料オプションが最大1年間も無料となるのも魅力です。

サポートに関する評判も比較的良好で、価格とサービス品質のバランスがとれたプロバイダといえるでしょう。

So-netモバイルWiMAx2+独自のサービス

So-netでお得なのは、以下3つのオプションが最大1年分(総額15,000円!)が無料となること。仮にこれらオプションを利用するのであれば、とくとくBBを抜いて業界最安ともいえます。

  • セキュリティソフト「カスペルスキー」(月額500円)、
  • PCや周辺機器などを遠隔操作で手厚くサポートしてくれる「安心サポート」(月額300円)
  • WiMAX端末はじめSo-netに接続したPC・スマホなどの機器の修理代金を補償してくれる「くらしのお守りワイド」(月額450円)

また老舗プロバイダで実績も多いSo-netはサポートの評判も概ねよく、安心して使えるプロバイダの1つでもあります。

●公式サイト
【So-net モバイル WiMAX 2+】

【おすすめ第4位】UQ WiMAX – サポート品質は群を抜く




UQ WiMAXは、WiMAX2+回線の提供元でもあるKDDI系UQコミュニケーションズ自身がプロバイダのWiMAX2+サービスです。上記比較表にある通り、価格こそとくとくBBやBroad WiMAXに劣りますが、サポート品質はWiMAX2+プロバイダの中で随一。モバイル通信サービス初心者の方や、「モバイル通信が使えなくなっては困る」ビジネスユーザーにはおすすめできます。

では、具体的にサポート品質がどうよいかというと、1つ目にあげられるのはサポートセンターの電話のつながりやすさと対応時間。WiMAX2+プロバイダのサポートセンターの時間の長さを比較した表が以下です。

WiMAX/サポートセンター営業時間/比較表

WiMAX/サポートセンター営業時間/比較表

ご覧の通り、サポートセンターの営業時間の長さは他社より長くなっています。その上、つながりやすさの評判もよいです。

メール問い合わせに関するレスポンスの早さも、UQ WiMAXは特長的。プロバイダによっては問い合わせてから10日~2週間以上たってから返信されるところもあれば、2~3日返信にかかるところもあります。その点、UQ WiMAXは原則24時間以内の返答を目標としており、場合によっては数時間で回答してくれることも多く良心的。メールの内容も丁寧です。

電話やメールのレスポンスの良さだけでなく、対応品質も良いです。わたしは複数のプロバイダのサポートセンターへ問い合わせたとこがありますが、最も抜け目なく丁寧な回答を返してくれたのはUQ WiMAXでした。

UQ WiMAX独自のサービス

UQ WiMAXで目をひくのは、ユーザーが安心して使えるオプションが揃っていることです。たとえば端末が故障した際の補償サービスは提供しているプロバイダが多いですが、たいてい紛失や盗難の場合は補償してくれません。

また故障した端末を預けてから返却されるまで2週間程度かかったり、それまで代替機を貸し出されなかったりすることも。その点UQ WiMAXの提供する有料オプション「端末補償サービス」(380円/月)では、電話1本で速やかに新しい交換機を届けてくれるのが特長的です。このオプションは端末の紛失や盗難にも対応しています。

もう1つ注目したいオプションが「おまかせサポート」(月額350円)。有料のサポートオプションで、WiMAX2+のことに限らずPCやスマートフォン、周辺機器に関する基本的な操作を電話や遠隔操作でサポートしてもらえます。遠隔操作なら、電話の向こうのオペレーターが手元の画面を実際に見ながらサポートしてくれるので対応もスムーズ。PCや周辺機器の操作に不慣れな方にはおすすめできます。

UQ WiMAX
の詳細はこちら

まとめ

WiMAX2+のプロバイダは数多くあってえらぶのが大変ですが、価格やサポートといった重要なポイントにピントをあてれば、自分にあったプロバイダを簡単に探し出すことが可能です。

お安く使いたいのであれば、キャッシュバック最高値のとくとくBBや月額料金が安いSo-netモバイルWiMAX2+やBroad WiMAXを、サポート品質を重視するのであれば、WiMAX2+プロバイダ元祖のUQ WiMAXがおすすめです。

また「料金とサポートどちらを重視すべきかえらべない!」ということなら、バランスがとれたSo-netをえらぶのもよいでしょう。